読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長崎の住宅地を歩いた

GWにやることないので長崎に行ってきた。過去に3回ほど行ったことがあるのだけれども、そんなに飽きないところがとても気に入っている。


長崎の醍醐味は住宅地にあると思う。

f:id:hirausan:20140507233407j:plain

平和公園やグラバー園、軍艦島、出島……長崎にはさまざまな観光スポットがあるのだけれど、もっとも素晴らしいと思うのは地すべりのリスクなんてあんまり考えてなさそうな高低差の激しいアスレチックの様な住宅地だ。長崎は坂の街と形容されるが、それは中心地だけであって実際は山だ。空から斜面に降ってきたような家、その隙間を一日中ブラブラするだけで楽しい。見晴らしが良いせいでランドマークは見つけやすいのだけれどその反面「あそこに行きたいなー」って思ってもなかなか狙い通りに到着しないのも面白い。地図はあまり役に立たず、いかにこれまで平面を生きていたかを知らされる。


f:id:hirausan:20140507225830j:plain

(写真では凄さがさっぱり伝わらないのが悲しい)

f:id:hirausan:20140507230243j:plain
少し歩けば階段に当たる。幅の細い階段はワクワクして進みたくなるのだが、大体は住居の玄関にしか繋がっていない。1階かと思えば「ざんねん!実は6階でした」みたいなこともよくある。1階と最上階それぞれに道路からアプローチできるマンションもあって驚いた。とある民家の玄関先で主婦達が談笑しているのを見かけたのだが、彼女達は真下と真上で向かい合っていた。


f:id:hirausan:20140507230640p:plain
GoogleMapをみても階段だらけ(実際はもっと沢山あった)。バリアフリーの観点から言うとバリアそのものだった。坂はスロープと呼ぶにはあまりにも苦しく、おびただしい数の丸い溝がついた急なものばかりで、登るには息切れを要し20代の僕でもとても苦労した。ましてや高齢者にはつらい街だろうなと思っていたのだけれど、意外にもここの老人達は軽々と登っていく。皆足腰が強そうで元気に見えたので案外良いのかもしれない。(足腰の悪い老人が外に出ていないだけかも)


f:id:hirausan:20140507231935j:plain
f:id:hirausan:20140507232113j:plain
アパートに隠れた石碑や階段を登った先にある祠など、明らかに宝箱が置いてそうなゲームのアチーブメントっぽいスポットが多いので、塹壕のような路地であってもついつい隅々まで調べたくなる。気づけば日没までの6時間、ずっと歩いていた。



f:id:hirausan:20140507224922j:plain
GWにもかかわらず、関空に向かう特急はるかの自由席は不安になるほど自由だった。



@hirausan on twitter

follow us in feedly