hirausan

死ぬまでにやったこと

iTunes Matchで不正な音楽ファイルのロンダリングを試した

f:id:hirausan:20140502095327p:plain
Apple - iTunes - iTunes Match

この国で始まる日が来るとは思わなかった。早速加入してみたのでさらっとまとめる。
iTunes Matchとは音楽ファイルをサーバにアップロードして、さまざまなデバイスからアクセスできるといったまるで夢のサービスなのだがこれだけではない。アップロードした際に内容がiTunesStoreで販売されている楽曲と一致した場合、ストアのファイルをダウンロードする権利がアカウントに付与される。所持しているCDはもちろん、知人に借りたCDも、不正に入手したファイルまでもが対象といったまるで悪夢のようなサービスであったりもする。


権利を持っている楽曲を実際にダウンロードして試した
というわけでロンダリングできるかどうかを自分の作品で試してみた。なぜだかはわからないけれどiTS版のアートワークはやけに汚い。掲載当初に見た際は思わず悶絶してしまったのだが今回の試みには丁度良いはずだ。ちなみに下のSoundcloudのアートワークは汚くない通常のもの。

Unutella

Unutella

  • nuito
  • Rock
  • ¥1050


1.検索
f:id:hirausan:20140502144130p:plain
親切にもサジェストしてくれたお陰ですぐにヒットした。この画像にわざわざ修正を入れる意味が自分でもよくわからないほど短い時間だった。



2.ダウンロード、そして解凍
f:id:hirausan:20140502102039p:plain
制作に1年も費やした作品が10秒程度でダウンロードできる。解凍だって問題なくできた。録音が上手くいかず憤死しそうだったあの頃の自分にこっそりURLを教えてあげたい。



3.iTunesライブラリにインポートしてiCloudにアップロード
f:id:hirausan:20140502102320p:plain
iTunesにドロップしてコンテクストメニューから「iCloudに追加」を選択。



4.認証待ち
f:id:hirausan:20140502102541p:plain
この瞬間に警察がやって来ないかとドキドキする振りをする。



5.完了
f:id:hirausan:20140502113650p:plain
できた。

iTunes Matchによってアートワークはやけに汚くなった一方でMP3は256kbpsのAACに姿を変えた。ハッシュ値も異なるのでストアのものだと断定してよいだろう。どこの誰がどのようにリップしたかわからない、不正的に入手したファイルはAppleが提供する極めてクリーンなファイルへと生まれ変わった。一度削除してクラウドからダウンロードしたものも問題なく再生できる。気づけばポケットのiPhoneにも自動的にダウンロードされていた。バンドで食っていこうなんて一切考えなかった自分はやはり聡明だったなと思う。


著作権なんて古いと思いつつも、雨後の筍の如くアップされるMP3に辟易しながらも削除依頼を乱れ打ちしていた自分としては、この様な違法ダウンロードについて好ましく思ってはいないという事を断っておく。もちろんこの記事も違法行為について推奨しているわけではない。この後はとりあえずTSUTAYA DISCASについて調べようと思う。


追記 14521531
権利者への使用料について
ちなみにiTunes Matchは日本では¥3980/年の有料サービスである。楽曲の再生回数に基づいて権利者(おそらく原盤権保有者だと思う)に使用料が支払われる仕組みだ。これはストア未購入の楽曲や、あるいは違法に入手した音楽ファイルであってもiTunes Matchを通すことで権利者に分配される。1枚幾らといった売り切り型では無いので、これまで1円にもならなかった中古や違法コピーだって真っ当なお客様の1人として永続的に使用料を得られるモデルだ。世の中の認識はきっと大きく変わるのだろうと思う。iTunesStoreで販売していない権利者は従来通り1円も入らないのだろうから契約せざるを得ない立場になるのは幾らか可哀相だが、業界の現状を見る限りもはや仕方ないと言えるだろう。あとはApple税が気になるところ。



@hirausan on twitter

follow us in feedly