読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amazonを4〜7%オフにしよう。 amatenのこと

インターネット ハウツー

うっかりはてなブログproにアップグレードしてしまった。14,000円を支払い、晴れてはてな民となった今、やるべきことは決まって偉そうにライフハック記事を書くことであろう。資産運用とか多少の持ちネタはあるが、あまりに信用されても怖いので新しくはないが堅実なものを書こうと思う。

 

自分はAmazonを病気みたいに利用している。Amazonの倉庫ではどれほどの人が働いているかは想像もつかないけど「またお前か」と何人からは言われている自信がある。ほぼ毎日1箱以上やってくる。今日だって4箱を受け取ったばかりだ。10もある宅配ロッカーをすべて自分で埋め尽くしたことだってある。他の住人には迷惑をかけて申し訳ない限りであるけれど、これは後世まで風化させずに伝えたい自慢でもある。

 

読み飛ばしてよいAmazonイシュアのカードの話。

ところでつい先日、Amazonのクレジットカードが復活した。カードブランドはMasterのみで、ゴールドとクラシックの2種類。結論を言うといずれも大したことはなかったので要点のみ書く。

・ゴールドはプライム会員権が付帯されていることを加味したところで10,800円の年会費とのバランスは極めて悪く、ネットに転がってる試算を見る限り、損益分岐点は100万円を超えたりする劣悪なカードだ。

・クラシックは初年度年会費無料(2年目以降1,350円)。Amazon内の利用では1.5%還元となかなか良いが漢方スタイルクラブカードには劣る。楽天カードとかを使うよりかはいくらかましと言えるくらいだ。

 

そして本題、Amazonギフトカードを安く買う。

まとめブログを見てると「Amazonを代引きで使う奴wwww」みたいな記事を時折見かける。内容は大体月並みで、要約すると代引きを使う奴は愚かで醜く不憫なクズといったところだ。しかし申し訳ないのだがカードを使ってる人もさほど変わらないくらい損してるんじゃないんかなと思っている。

 

自分が使ってるのは「amaten.jp」というAmazonギフト券(コード)を売買することができるサービスだ。

 

f:id:hirausan:20140205020827p:plain

amaten.jp(アマテン)はAmazonギフト券を安心・安全に売ったり、買ったりできる取引所です。

amaten.jp以外にも色々あるのだけど如何にも怪しいサービスを如何にも怪しいサイトで買うのはなんだか嫌な気持ちになる。 

 

この記事を書いている時点では、94%のレートで取引されている。過去の騰落は割と流動的な印象だった。(2/1は93%、昨年末では98%。記事にするんだったらちゃんとデータを採っていればよかった…)

手数料といった項目があるが購入する場合は掛からない。即ちこの瞬間に買えば10万円分のギフト券が94,000円で手に入る。

 

販売した場合はレートによる減額に加え、額面の4.2%の手数料が差し引かれる。どうしてこんなビジネスモデルが成立するのか?とか、そんな明らかに損することをわざわざする馬鹿って一体どんな慈悲深い人?といった疑問は浮かぶだろうがあまり考えない方が精神衛生上いくらか良いだろう。( 運営法人名で検索すると案の定ではあるがショッピング枠現金化など、多重債務者向けの買い取りサイトがヒットする、またそのサイト名がkonozama。あまりにもひどい。)

 

 

以下は利用上留意すべき点。

 

ギフト券には有効期限がある。

・大体1年間くらい。使うと分かっている額を安いレートを狙って買うのが良い。

・アカウントに紐付けてからn日といった相対的なものではなくギフト券自体に定められている。

自分の場合だと年間100万くらいAmazonに突っ込む病気を患っているので20万くらいを目安に都度購入している。

※有効期限が切れてもAmazonに問い合わせれば延長してくれる場合があるとの情報あり。その際、いつぐらいまでに使いたいのかとか聞かれるらしい。融通が利くのか利かないのかよくわからなくなる。

 

購入するにはサイトにチャージする必要がある。

リスクがあるとすればここだろうか。入金後数時間で反映とはいえ、こういうサービスはなんだかんだ胡散臭いので怖い。チャージした瞬間にサービス終了とかされても首を掻き切らないように。また、カードは残念ながら使えない。振込のみなので振込手数料の掛からない口座があると望ましい。

 

まとめ

・必要だと思う分を買う。

・安い時に買う。

・チャージ・購入・アカウント紐付けのプロセスは瞬速に。

follow us in feedly