hirausan

死ぬまでにやったこと

冬季うつや不眠症に効くと謳う『VALKEE』を自作した

やっぱりというか、今年の冬もやる気がなくて駄目だしどうにかならんもんかなと思って冬眠する方法を探してたらこういったものを見つけた。


f:id:hirausan:20151208075550p:plain
valk.jp


使うとSADが良くなるらしい。

これまでのブライトライト・セラピーでは目から光を受けるものが主流でした。
しかし最新の研究により、耳孔を通じて光を照射することによって日光浴と同じ効果があることが確認されました。


従来の光療法(高照度光照射療法)といえば目、少し細かくいうと視交叉上核を通して松果体を刺激して概日リズムを整えたりするものだが、どうやらこれは外耳道に光源を突っ込んで脳に直接光を届けることで同効果を得られるという。たしかにラットの脳に光刺激を与えて脳が反応してどうのこうのといった記事を読んだ覚えがあるけど、そもそも耳に光を当てても3DCGでいうSSSみたいに脳まで伝播してくれるのか想像つかないし、届いたからってセロトニンやメラトニンが生合成されるのかわからない。エビデンス読んでも釈然としないし、なんかとても期待できそう。

つまり嘘か真かはどっちでも、いやどうでもいいんだけれど、耳になんか突っ込んでいるのって不快だし、定価3万円とやけに高価な割に製品画像を見てみるとバッテリー給電の光るイヤホンといった明らかに猿でも作れそうな代物だったのでさっさと作った。
(電子工作したことない人でも真似して作れるように書く)


使ったもの

カナル型イヤホンx1 必須 ハウジングが大きいと作業が楽
超高輝度白色LEDx2 必須 φ5 3.5V 20mA
抵抗x2 必須 電流制限用 82Ω
ケーブル 1m 随意 お好みで
熱収縮チューブ 随意 見た目を気にするなら
モバイルバッテリー 随意 過充電防止でないもの
USB/ACアダプタ 随意 上が無いなら
USBケーブル 必須 Type-A
ハンダ 必須 なんでもいい
ハンダごて 必須 常識的なやつ
プライヤー 随意 2本あると便利

購入したのは全部で1500円程。


白色LEDは超高輝度のものを使う。

Valkeeの仕様を見てみると光源から1cmの距離で照度が10,000ルクス以上、光束が最大3.5ルーメンとある。なんかとてもあやふやな感じがするけど、これらを超えるスコアを出すしかない。LEDの仕様は輝度、つまり殆どカンデラ表記なので些かややこしい。27,000mcdで半減角15度のものを選んだ。実に27万ルクス・5.78ルーメンである。(照射角は半減角二倍の30度で計算)色温度については公表されていないけれど擬似日光浴なんだから5000〜6000Kが良さそうな気がするんだけど10,000Kしか売ってなかったのでしゃあなしでこれを使う。面倒くさくてしかたないのなら超高輝度と書かれてるものを買えば大体正解だと思うけど直径1cmの物を選んでしまうと耳に入らなくなる。

保護抵抗値を計算しておく。

LEDはそのまま繋ぐと過電流で即死するので電流制限用に抵抗を付ける必要がある。抵抗値は電源とLEDの仕様による。

・保護抵抗を求める式
保護抵抗(Ω)=(電源電圧(V) - LEDの順電圧(V)) / LEDの順電流(A)

買ったLEDのVFは3.5Vで、IFは20mA、電源はUSBの5V。したがって『(5V-3.5V)/0.02A=75Ω』の抵抗値がこの場合なら理想。近似値をE24系列から探すと82Ω。コンパクトに仕上げたいので1/8Wとかの小さい抵抗を選ぶと作業が楽になる。

回路の概要

f:id:hirausan:20151209064549p:plain
こんなかんじ。USBから電源取って、LEDのアノード(足が長い方)に抵抗を付けるだけ。


作業の手順

1.イヤホンを外して中身を取り除く

f:id:hirausan:20151208070057j:plain
プライヤーを2本使うと楽に外せる。ダイヤフラムとかごちゃごちゃしたものは全部除去する。太めのケーブルを用いる場合は通す穴をなにかで拡張しておく。

2.LEDに保護抵抗をハンダ付けする

f:id:hirausan:20151208065856j:plain
出来る限りコンパクトなサイズになるようアノード側(長い方)の足を短く切断して取り付ける。ハンダ付けは汚くてもいいと思う。


3.ハウジングにうまいこと詰め込む

f:id:hirausan:20151208073346j:plain
それぞれの足にケーブルをハンダ付けしてうまいこと入れる。端子が触れる恐れがあればセロテープとかでいいので絶縁しておく。これをLとR分やるんだけど、二つ目になった瞬間に作業感を覚えてだるくなる。

4.USBから5V取り出す

f:id:hirausan:20151208105547p:plain
被覆を剥がすと4線でてくるので赤の+5Vと黒のGNDを使用する。データ用の白と緑は短く切ったりして殺しておく。


5.各ケーブルをハンダ付けして熱収縮チューブで仕上げる

f:id:hirausan:20151208073740j:plain
先の回路図通りにハンダ付けする。熱収縮チューブは外周になるにしたがって短くなるように3重くらい巻くと凹凸も気にならず既成品っぽい感じになる。

完成

f:id:hirausan:20151208065848j:plain
とても眩しいです。

問題点

これは盲点だったのだけれど、だいたいのモバイルバッテリーは過充電を防止するために消費電力が低い場合は停止するようで、LED2つ程度だと十数秒でこれが作動してしまう。ガンガン過充電するバッテリーを用意するか、モバイルは諦めてコンセントに挿すACアダプタを用いるか、あるいは回路の中に消費電力の高い、たとえばGPSユニットでも取り付ければ解決するはず。

使った感想

LEDがじんわり温かいせいか、耳の血行が良くなった気がする。目安使用時間は15分位らしい。せめて音楽でも鳴ってればいいんだけど、耳に何かを突っ込んでるのが不快で我慢できずに途中で取ってしまった。どうでもいいんだけど実はこれ、冒頭の一文は嘘で、会社のエンジニアが不眠症で悩んでるからと秋に作って渡したものなんだけど、足元のデスクトップPCの上に二ヶ月も放置されててすげえ悲しかった。


ゲームに疲れたので園芸をはじめた

虚構のくせに『実績』とかいう、きわめて現実世界的なものをぶら下げられてるせいで、まるでこの行いが有意義かのように錯覚して無意味な作業を苦も疑いもなく続けてる。もっとも内容は「象で30人殺害する」とかで超現実なんだけど。平日でも15時間ぶっ通しだったり、ましてや週末は40時間くらい齧りついたしていて人生の3分の1はなんだっけ、えっとゲームだっけみたいになっている。


そういえば少し前、実家に寄ったときの母親がスマホのLINEツムツムに没頭していた。およそ60歳の老婆の背中から禁断魔法っぽい効果音が矢継ぎ早に鳴っているのを眺めて良い時代になったもんだと思ってた。


集中が途切れて冷静になるのが怖いんだろう。画面遷移のあるゲームはなるべく避けるようになった。裏でロードし続けてくれるオープンワールド系を好むようになり、視野角の狭さで避けていたFPSも今ではむしろ集中しやすいといって楽しんでいる。トイレといった自分起因の瞬断においてもコントローラを持って入る。メニュー画面のUIも概ね暗記しているのでスキルのアップグレード操作を済ましながら用を済ますといったスキルで回避している。手は片方ずつ洗う。


週100時間を超えることも平気であって、こういった生活を続けているとやはり意識は混濁してくるし、一方で視界はクリアになってきていよいよヤバイ感もある。町中(現実の)を歩いていて、ふと昨日行った王立軍基地の丘はええとこやったなーなんて、まるで今朝旅行から帰ってきましたみたいな感覚なんだけれど、これはいわゆる現実とゲームの区別がついていない状態。人を殺したりする前にそろそろなんとかしなきゃいけないなあって思い、置き換え可能なものはなにかないかと育成ゲーの王者、園芸に辿り着いた。



f:id:hirausan:20150508133238j:plain
こんな感じ。花はゲームと同じで無意味なので、紫蘇とバジルとそのほか雑多にいろんなハーブの種を播いた。ベランダがスーパーのGABANの棚みたいになった。紫蘇食べ放題とか最高でしょとか思ってたんだけど、鉢・土・石・種とイニシャル1万円くらいかかったので、1万枚食って単価1円かよって絶望する。くわえて後から知った一年草という事実。すたみな太郎に行ったほうが良かったんじゃないかなとか考える。


f:id:hirausan:20150508121315j:plain
一週間たっても発芽しない。


f:id:hirausan:20150508121407j:plain
退屈だったからスロットを拡張した。


f:id:hirausan:20150508122132j:plain
エレベータで犬に会ったり。


f:id:hirausan:20150508122347j:plain
やべえ新500円しか持ってねえとか言ったりしていると


f:id:hirausan:20150508132932j:plain
マンションの玄関に悪趣味な照明が設置されて


f:id:hirausan:20150508122614j:plain
結構生えてきた。


発芽さえすれば一日単位で生育が見られるので、楽しいといえば楽しいのだけれど、やはり牧場物語のスピード感と比べるととても鈍い。今どきのビデオゲームであれば行動すればするほどいい結果をもたらすものだけど、現実は根腐れのリスクもあるので我慢との戦いになる。ストレスは自分にも植物にも良くない影響がありそうなので、この熱中に耐えうる数に増やすべく、再びスロットを注文したんだけど、いよいよベランダか畑かよくわからなくなってきたのでゲームでもして一旦忘れようと思う。


ウッドメッシュプランター浅型 WMA-500 イエローパイン

ウッドメッシュプランター浅型 WMA-500 イエローパイン

花ごころ くり返し使える鉢底石 網袋入 4個

花ごころ くり返し使える鉢底石 網袋入 4個

花ごころ ハーブ・香草の土 12L

花ごころ ハーブ・香草の土 12L

ニュースサイトをつくった - sign

ネットに飽きてきた。サーフィンなんてとてもじゃなく、波打ち際で湿った砂を触ってる程度だったりする。近頃はまとめや、ニュースサイトを巡回するくらいしかネットを見なくなったのだけれど、それだってつまらない暇つぶしか、あるいは話を合わせるために義務感で見ているような気さえしている。加えていうとニュースサイトは大体読みにくい。3カラムの窮屈なレイアウトもさることながらバナー広告の乱れ打ちや、記事リンクの行列に精神がみるみる擦り減っていく。広告ブロックのアドオンを有効にしても、明らかに広告があっただろう余白が気になって仕方ない。ビジュアルを画一化してくれるRSSリーダも管理が面倒くさいし、そこは違うだろみたいなスタイルを当てられたりもする。そこで、きわめて衛生的でストレスを与えないデザインで、記事内容についても主体性があり概ねまともな切り口で、不愉快な即席的記事のないサイトがあれば今よりいいなと思ったんだけれど、多分無いだろうし探すのが面倒くさかったからとりあえず自分で作った。

f:id:hirausan:20141120124741p:plain

http://sign.jp

サイト名についてはGMOがやってるJPドメインオークションで字数の少ないものを探していたら『sign.jp』をみつけた。25万円くらいだった。兆しや示し、記しといった意味を含むのでニュースサイトにはマッチしているし、404とかエラーレスポンスはロゴを『sigh』とかにして、芸が細かいとか言われたいなとか思ったり、惹句をSign Is Good Notice.とか、いわゆる再帰性頭字語(笑)にしたらピッタリじゃね?とか思った。もっとも、会社の所在地が『西院』の駅に近いというのが決め手だったんだけど。



記事のレイアウトは、自分の好みを思いっきり反映した。急にZや、あるいはコの字だったりダイナミズムはあるのだけれど、パターンは多くなく余白も充分に確保しているので、まともな脳みそを持ってさえいれば学習を要することなく自然に正しく目線移動ができるはず。これは表層的な見栄えだけでなく、本文や補足情報などのテキストが持つ性質を、一瞥するまでもなく判断できる機能的役割もある。読み手は既知の情報など不要なものを無意識で弁別して読み飛ばすことができるだろう。


f:id:hirausan:20141124095918j:plain
テキストのDIV幅は最大で820px(45文字程度)という敢えて大きな幅を設定した。たとえばウェブページだとバナーを載せたい理由もあるだろうけど600px台、実用書などの書籍だと一行につき大体30文字程度に抑えるのがセオリーだったりする。横方向の目線の移動が大きくなって疲れる原因にはなるんだけれど、そもそもカルチャー性の高いサイトをだらだらと読むときは、作業や調べ物を行うときに比べて目とモニタの距離は少し離れるものだ。モニタのドットピッチの違いを考慮した上で概ね50cm程度の距離で読む環境を想定してフォントサイズも大きくとった。取り扱う記事の性質を考えると横文字が頻出するが、これによって禁則処理に引っかかった不愉快な折り返しも低減される。2カラムのレイアウトもそれぞれ余白をきちんと確保できるメリットもある。



モバイルサイトも軽視せずに注力したが小さなディスプレイでダイナミズムを表現するのにはなかなか苦労した。PC版とは逆にテキスト幅を小さくして画像幅を100%で大きくとったり、ページ最下部の関連リンクがパララックススクロールで露出するような動きをつけたりとにかく色々盛り込んでおいた。なかでもメニューがとても気に入ってる。開閉時は大きくわけて5種類のアニメーションが同時に展開されるのだけれど、GPUに処理をまわすのでネイティブアプリっぽい。この振る舞いの仕様を実装担当に口頭で説明するとやっぱり伝わらなかったので、アニメーションを動画で作って伝達したら滅茶苦茶捗ったので今後はすべてそうしようと思った。


はじめは遊びのつもりだったはずが、試算するとランニングが結構かかることがやっぱり見えてきて、割とちゃんとやらなきゃいけないっぽい雰囲気になってしまい少し面倒くさくなった。コンセプトにはじまり、デザインなどフロントエンドの設計、ライターの求人や教育、ガイドラインの策定。バズればアクセスもエラいことになるのでオートスケーリングや死活監視などインフラ周りも必須。なるべく早めに取材記事を据えたいので東京にも活動拠点を設ける準備をしていたりと、2ヶ月でリリースする予定が、5ヶ月余もかかってしまった。


公開して2日が経った。直前までクローラをブロックしていたため、Googleにまともにインデックスされてはいないが既に1000RT超の記事が出たりと割とうまくいきそうな気はしている。しかしマネタイズは広告くらいといった今のところ直近で行えるものは乏しく、仮に1記事あたりの平均コストが5000円だとすると、損益分岐点はその概ね10倍の5万PV/記事までのぼる。サイトの認知度の低い間はなかなかつらそうだ。おかげさまか資本は割とあるのでしばらくはさまざまな投資に徹して様子をみよう。かくして編集長になってしまったわけだけれど、責任とか面倒なのでさっさと誰かに押し付けたいと思っている。



よかったらご覧になって記事とかシェアしといてください。
http://sign.jp


追記

やはり失敗した

からだがずっとかゆい

近頃のネットは人が多くて疲れるから現実に逃げ込んだのだけれど、やっぱり毎日面倒くさい事が降りかかってくる。嫌になってHulu復活させて海外ドラマに逃げたのだけれど、ドラマ内でも矢継ぎ早に面倒なことが起こるから見れば見るほど余計ストレスが育っている。

今年の春からやたら身体が痒くなった。痒くてなかなか眠れず、痒みで起きることもあった。瘡蓋だらけになった。病院に行ったら医者に「パンツ」って言われて、意味がよくわからなかったから他の病院に行った。慢性蕁麻疹だと言われた。急性ならまだしも慢性だと原因は特定できないそうだ。

今まで自然とか有機とか無添加といったワードをありがたがる神経質な人たちを見るたびに、じゃあ漆で顔でも洗ってろとか軽く馬鹿にしてみていたのだけれど、そんな自分が今や無添加石鹸を使い、脱塩素シャワーに替え、赤ちゃんにも安心と書かれた洗濯洗剤を使い、野菜もクリーンなものを選択している。今まで通りにしていたはずなのに体調が悪化し、それも原因不明だとするとまるで呪いのような気さえしてくる。あれも悪いんじゃないかとか、これも悪いんじゃないかとか過敏になり、よくないであろう可能性すべてを排除したい思考に陥ってしまった。

爪で掻くと血だらけになったりするので、なんかもっとこう、ソフトなのないかなあと探してみるとクレジットカードがとても良かった。さすがに割れたりしたら再発行とか面倒なのでPontaカードを作った。とても満足している。

follow us in feedly